日々のあれこれ

igrekw.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 02日

印刷物

そもそもの事の始まりは、カメラマンの邑口くんが、昼の光で
料理を撮影したい、と言いだした事でした。
(毎月の教室で作る料理は、夜の明かりで撮る、と決めているので。)
一昨年の冬に、じゃあ「ちょっと遅めに食べる朝ご飯」っていうテーマにして
撮影しようと決め、毎月、午前11時頃から撮影していました。

この撮影方法はちょっと面白くて、自分もこのテーマに沿うように、
撮影の前日まで何を作るか考えない、というものでした。
前日の夕方から、今、冷蔵庫の中にあるものと相談して、スーパーに買い出しへ
行き、即興的に料理を組み立てるというやり方です。

これを数ヶ月続けるうち、これはひとつの本にまとめるというよりも、
今の気分をパッとすぐ表現できる媒体にしたいね、ということになりました。
作る、撮る、発表するという一連の流れを、できるだけ早くしたかったのです。
そこで浮かんだ言葉が「印刷物」です。
書籍でも雑誌でも、ZINEでもないものを目指すべく、印刷と写真と料理の
新しい可能性を探る試みです。
今の気分を切り取りたいので、重版はありません。刷り切り御免。
出版社を通すことは、初めから頭にはありませんでした。

料理は食べてしまうと消えてしまう物だし、出来上がってから食べる間にも、
その輝きはどんどん失われていくもの。
一番きれいな瞬間を切り取れるのは、カメラ(写真)という道具です。
逆にカメラで再現できないのは、その味や香り、食感などの感覚的要素。
感覚的要素を補う物としてレシピがあり、その文章と写真が補完し合うような関係性。
ただ、素晴らしい写真は感覚的要素を大幅にカバーします。

写真の面白いところは、実際見ているものより、より物がよく見える、ということです。
(視覚の話です。写真によって物の格が上がる、という意味ではありません。)
肉眼では捉えきれない、細やかな表情が、豊かに伝わってくるような写真。
自分でも驚くことが、本当に良くあるのですが、ああ、この料理ってこうだったんだ!
というのが、邑口くんの写真にはあります。
写真は第三者が撮っているものなので、それは他者のフィルターを通した物だから
より一層強く感じられるのかもしれませんね。

デザインはQullo&Co.の田島さんにお願いしました。
以前、大地を守る会の書籍「農家ごはん」で仕事をさせて頂いたご縁があり、
今回お願いすることにしました。
この時も驚いたのですが、ああ、デザインするってこういうことか、とストンと
心に落ちてくるような仕事でした。
ある物をどう加工するのか、という点で、自分の経験と知識を生かし、良い物に仕上げて
いくのは、料理と共通する様な感覚なのかもしれません。
田島さんの様々な提案にも驚かされることばかりで、想像以上の物が
出来上がる瞬間は、物作りにおける最高の喜びです。

編集は山中純さん。山中さんは教室の超初期の頃からずっと通い続けてくださり、
毎度毎度おいしいもの情報に常にアンテナを張り巡らせているフリーの編集・ライターさんです。
よく食べ、よく飲み、よく仕事をする(そしてサブカル知識が半端じゃないくらい豊富)
自分の料理と、邑口くんの写真のことも、深いところで理解してくださっている方です。
印刷のことや、どう流通させていくかなど、ベテランならではの豊富な知識でいつも
助けて頂いています。
あ、よく食べ、よく飲み、よく仕事するのは他のメンバーにも言えることでした(笑)。

全員に共通しているのは、迷いが無く、まっすぐな表現で、お互いの仕事を
尊敬していること。自分の仕事を完璧にこなすこと。
何よりみんな、食べることが大好きです。
素晴らしいメンバーに出会えたことに感謝しています。

今回の「1」は、A1ポスター2枚、B2ポスター1枚の3枚1組で、
レシピが6品載っています。
春眠暁を覚えず、という言葉もありますが、まさにちょっと寝坊した朝のご飯、昼食に
ほどよいレシピが載っています。
レシピが特殊で、ちょっと面白いと思います。
え?というような材料が、料理の本質を捉えるものであったりもします。
部屋に飾って楽しめるような美しい写真とデザインに仕上がりました。
(でも壁に貼ってるとお腹が空いてしまうかもしれない。)
4月15日に発送する予定です。ご予約も受け付けています→印刷物の予約はこちらから
メールアドレスのところ、写真ですけどクリックできますからね。

それでは、初の印刷物をどうぞお楽しみに。
[PR]

by igrekdoublev | 2012-04-02 17:41